昔は武士系のTCGをやってました(現在は全て引退)。現在やってるTCGはFEサイファのみ


by STOP0611

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

皆様、明けましておm(ry
いやー今年最初の記事を簡易レポ以外にしたいな~と思ってたらこんなになるまで更新しませんでしたw
今年1発目は最近発売した双剣覚醒のカードを使ったデッキの公開からしていこうかと思います

ロイヤルパラディンtシャドウパラディン@マジェばーく

~G0~
どらんがる×1
ばーくがる×4
未来の騎士 リュー×1
ふろうがる×4
世界樹の巫女 エレイン×4
まぁるがる×3
静かなる賢者 シャロン×4
(☆×1、引×3、醒×8、治×4)

~G1~
閃光の盾 イゾルデ×3
探求の騎士 ガラハッド×4

~G2~
ブラスター・ブレード×4
ハイドッグブリーダー アカネ×3
試練の騎士 ガラハッド×4
スターコール・トランペッター×1
ブラスター・ダーク×4

~G3~
神速の騎士 ガラハッド×2
マジェスティ・ロードブラスター×4

ばーくがるを搭載したマジェスティです

一般的なマジェスティのFVはういんがる・ぶれいぶかと思われますが、このデッキではどらんがるを採用しています
普通なら足りないパーツをサーチできるういんがる・ぶれいぶは便利なのですが、このデッキの後列はばーくがる+ふろうがる×2が基本です
なので初ターンからばーくがるを出すことを考えると残念ながらういんがる・ぶれいぶは邪魔になります
そんな邪魔なユニットが増えるくらいならそれ以上のアドバンテージを出せる可能性のあるどらんがるか…となりました

G1は色々考えた結果、ばーくがるやG2のスペースを作るために必要最低限の探求の騎士と完全ガードだけとなっています
前にG1の枚数が少ない今回のデッキと似たようなデッキを紹介しましたが、あの時からG1は探求の騎士のみでもライドは8割くらいはできていたので、流石に枚数が少ないからライド事故するかも…的なことは考えていません

次はG2…先程後列はばーくがる+ふろうがる×2と書きました
ですが…あら不思議、G2のユニットのパワーラインが8000~9000のみ
これだとふろうがるにいくら足しても最高で14000が限界です
恐らく相手のVの数値は10000~13000と考えると、どうしても5000のガードで足りてしまいます
ここで考えを変えましょう
相手のVには殴らず、Rに殴ってみたら?
最近は強いスキル持ちが増えているおかげで相手のG2も9000ラインのユニットが増えています
14000で攻撃してみましょう…もしガードされるなら10000でのガードになります
もしガードされなかったとしてもインターセプト持ちを倒したというだけで問題はないでしょう
ですので、この14000はRを殴るのには十分な数値と言えましょう

G3は初大会の時は騎士王 アルフレッドが神速の騎士の変わりに入っていたのですが…あまりにも弱くて外れましたw
盤面に置いて強いことが残念なことにないんですよね
このデッキだと呼べるのは試練の騎士とかになっちゃいますしw
これくらいなら事故防止用の神速の騎士の方が強いと思い、今の構築になりました
神速の騎士はソウルが揃っちゃえば11000で殴れるので、ふろうがると合わせて16000と相性もいいですしね

トリガーは醒が多めの8枚です
9000起こして14000作ってどうするのよ?と思う方もいるはず…そこで活躍するのがマジェスティの常時☆2です
☆が2つということは治さえ捲らなけれければ当たり前ですが3回の攻撃で勝てますw
運が良ければ3点の相手がスルーを選択→☆を捲って3点でいきなり負けという可能性を秘めています…このデッキだとかなりのレアなパターンですがw
こんな状況になるマジェスティ…当然マジェスティの攻撃は怖くて通せないはずです
このデッキの場合ですとVの後ろはばーくがるなので16000と意外と止めやすいという点もあり、実践でもほとんど止められます
しかし、マジェスティの攻撃を止めながらこちらのR14000が相手のR9000をひたすら殴ってたら流石に手札が尽きます
そこで相手はどこのダメージを受けるかというと…相手の前列のRがいなくなって、醒トリガーでスタンドしたこちらの14000のユニットがしぶしぶ攻撃してきたのを受けるはずです
でもこれって本来なら5000でガードできるんだから守るはずが、ここは☆が1つだから致命傷にはならないからスルー…と思ってくれるかと思います
こちらとしてはそれが狙いです
普段ならピンチでもない限り15000強要をされたらスルーが安定な雰囲気なのに、このデッキだとそんな高い数値を作らなくても勝手に打点が入っていきます
これを繰り返し、最後の最後でマジェスティの攻撃をしぶしぶスルー→ありがとうございましたーってのが理想です

戦い方としてはRはRへ殴り、VはVに殴るとだけ考えてやってれば覚えやすいです
殴る順番はR→V→Rが基本的
ちなみに注意しなくちゃいけないのはミラーと13000ラインの連中です
ミラーは動きやカードの種類を見てればマジェか他かの判別はそんなに難しくはないと思うので、早めに見極めてミラーだと感じたらばーくがるは両端のどちらかに置いてV後ろにふろうがるを置くことを考えておきましょう
13000は…探求の騎士をV後ろに頑張ってコールすると勝てるかもw

こんな感じかな?
まだまだ色々な考えが出てくるとは思いますが、今のところはこれが限界ですw
実際はトランペッターとアカネの枚数が怪しいな~とかも考えていたりしますしね
とりあえず、初めてのマジェスティはこの辺で
[PR]
by STOP0611 | 2012-01-20 02:59 | カードファイト!! ヴァンガード